映画「新感染 ファイナル・エクスプレス」をAmazon Primeで見た!感想ネタバレなし

どうも!管理人のhachiです!

今回紹介するのは韓国ゾンビ映画「新感染 ファイナル・エクスプレス」

釜山(プサン)行の新幹線の中に紛れ込んだ一人の感染者から感染は拡大していき新幹線の中はゾンビだらけになっていくという話です。


新感染・・・新幹線・・・

ダジャレやないかい!!

ということで映画の紹介です。(ちなみに原題は「釜山(プサン)行」というそうです。)

あらすじ

ソウル発プサン行きの高速鉄道KTXの車内で突如起こった感染爆発。疾走する密室と化した列車の中で凶暴化する感染者たち。感染すなわち、死ー。そんな列車に偶然乗り合わせたのは、妻のもとへ向かう父と幼い娘、出産間近の妻とその夫、そして高校生の恋人同士・・・果たして彼らは安全な終着駅にたどり着くことができるのか―?目的地まではあと2時間、時速300km、絶体絶命のサバイバル。愛するものを守るため、決死の闘いが今はじまる。彼らの運命の行き先は・・・。

感想

一般的なのろのろ歩くタイプのゾンビじゃなく、走るタイプのゾンビです。(絶望)
しかも、噛まれたら数秒でゾンビになります。(絶望)

ゾンビ映画と聞くと、単なるパニック映画なのではないか?
内臓とか脳みそとかグロい表現が多いんじゃないか?
どうせ最後は爆発オチだろ?
と思う方もいるかもしれません。

しかし!心配ご無用!!
ゾンビ映画で感動できます!!
グロい表現も最低限にされてて、そういうのが苦手な方も見れます!!

仕事中心で家庭をおろそかにした自己中心的な主人公が物語を通して変わっていく心情をうまく描いており、脇役たちの人間ドラマもうまく描いております。

(C)2016 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & REDPETER FILM. All Rights Reserved

映画の最初から最後までドキドキしながら、だれることなく見ることができました。

ゾンビ映画で感動したい!という方は是非ご覧になって下さい!


コメントを残す