【中国輸入】リチウム電池付きの商品について。

top_2

 

中国輸入で仕入れる商品で気を付けておきたいのがリチウム電池が付いてる商品です。

何故リチウム電池は国際発送で厳しいのか…。

今回はその辺についてお話しさせて頂きます。

 

国際発送で良く使うDHL、EMS、OCS、船便、これらのほとんどがリチウムイオン電池の発送が出来ません。

 

では何故国際発送が出来ないのか!?

 

 

基本的にリチウム電池は一定の条件の下で加熱し発火する危険性があります。

沢山の荷物の中で発火した場合は一気にその他の荷物にも火が燃え移るのでリスクが高いんですね。

2012_0903_fire

火事になってからでは遅いので出来るだけ海外発送では業者も避けたいのが本音なんでしょう。

 

では絶対に送れないのか!?

と言うとそうでは無くて発送手段は少ないですがちゃんと手順を踏めば発送出来る所もあります。

 

ちなみにFedexと言う会社ではリチウム電池の発送は出来ますね。

 

 

EMS(国際郵便)もリチウム電池を国際郵便で送付する場合の条件として以下の条件に適合すればOKです。

① 機器に取り付け又は機器に内蔵されていること

② リチウムの内容量又はワット時定格値等が一定限度内であること

③ リチウム電池の数量制限(単電池の場合は4個、組電池の場合は2個)の範囲内であること

④ リチウム電池の輸入を制限していない国・地域宛て等に差し出すこと

 

※EMSは機器に取り付けられたボタン型のリチウム電池は、航空危険物に該当しませんので、ボタン型 のリチウム電池が取り付けられた機器類は、航空便・船便にかかわらず送付することができます。

 

ボタン型って何??って方へ。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

コレですねw

 

ボタン電池とは形状が円形で、その直径の方が高さより 大きいものをいいます(コイン型電池、マメ電池とも言うようです)

腕時計やバックアップメモリのデータ保持などのため、リチウムボタン 電池が使用されていますがこれらの商品は結構国際発送も出来るんですね~

 

中国輸入において結構電池はNGと聞きますが基本的にNGとされ、はじかれる確率が高いのは単体電池ですのでもし仕入れたい商品で単体電池等が付いてる商品の場合は代行業者にお願いして電池を抜いてもらうと普通に発送できます。

 

せっかく利益が取れる商品を見付けたのに電池が付いてるから仕入れが出来ない!!

って思ってる方がいましたら上記のようにやると国際発送が出来ますので試してみて下さい^^

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

ではまたぁ~

 

はち

 


 

ピコ太郎の言ってる意味が全く分からない僕です。

なんであんなに流行ってるのか分からない僕です。

でも耳に残るので辛いです!笑

意味不明でもしっかりと人の脳裏に爪痕を残すピコ太郎が凄いと思う僕でした。




◆◆お勧めツール◆◆
file2_64105 (1)※自動評価依頼メールで一気に評価を集めよう!

◆アマスタ

◆◆良かったら応援ポチして下さい◆◆
にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへにほんブログ村

友だち追加
◆◆気軽にお友達登録して下さい♪◆◆
友達登録記念に素敵なプレゼント♪
【資金ゼロからお金を作るマル秘転売術】
【利益率100%を超えるマル秘転売術】
以上2点のマル秘転売術を友達登録記念にプレゼント中です^^
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です