【中国輸入】色々な販路で売ってみる。

logo_ec

 

物販のスタートはAmazonで全然OKですが慣れて来たら他の販路での販売をチャレンジしてみるのが大事です。

上の画像には入ってませんがその他にも

・メルカリ

・モバオク

・QOO10

 

などなど探すと結構色んな販路ってあります。

 

このブログではよくAmazonとメルカリでの販売の事を書かせてもらってますが僕はヤフオクやモバオクなんかでも販売してます。

 

実際に色々な販路で商品を販売するのって結構大変って思いませんか?

 

ズバリ言いますが最初はけっこう大変ですw

 

出品のやり方もそれぞれ微妙に違うので慣れるまでちと時間が掛かりますが慣れてしまえば正直どうって事はないです^^

 

別にAmazon一つの販路でも良くない?

なんでわざわざいくつも違う販路を持つ必要があるんですか?

 

って言われそうですがこれには僕なりの理由があります。

 

その理由はリスク回避です。

何処で何を売るにも必ず規約があってそのルール内で販売をしないといけません。

 

しかし何かしらのトラブルが起きて販路が経たれた時に自分の販路が一つだと止まった時点で売り上げは完全にストップします。

 

しかしこうやって販路をいくつも持ってるとどれか1個がもしコケても他の販路で売り上げがあるので完全に売り上げがストップする事が無いんですね。

 

Amazonで月商300万。

 

Amazon100万・ヤフオク100万・メルカリ50万・モバオク50万。

 

どっちも同じ月商300万円です。

 

売り上げを分散する手間はありますが、その分のリスクヘッジはしっかりと出来てます。

 

何かしらの理由でアカウントが停止になった時に黄色の売り上げとと青の売り上げとでは精神的にもかなり違って来ます。

 

こう言ったリスクの部分を考えると最初Amazonである程度の売り上げが出来て来たら少しづつ他の販路へもチャレンジしてくのが良いと僕は考えてます。

 

あとは意外と購入者側は一つの購入先(ネットショップ)でしか商品を購入しないので同じ商品でも販路によってはかなり売値も違う物があります。

 

ん??どうゆう意味??って方にもう少し細かく解説すると。。。

 

Amazonで商品を購入する人は基本的にAmazonのみで商品を購入する方が多いです。

メルカリで商品を購入する人は基本的にメルカリのみで商品を購入する方が多いです。

楽天で商品を購入する人は基本的に楽天のみで商品を購入する方が多いです。

 

まぁ全ての人がこうでは無いですが基本的に一つのネットショップに依存して商品を購入する方が多いんですね。

 

実際に今欲しい商品が買えるネットショップがあるのにわざわざ新しいネットショップに登録して商品を購入する方は実は意外といないんですよ。

 

となるとそういった方はそのネットショップの商品相場しか知らないので他のネットショップで安く買える事ももちろん知りません。

 

そこを逆手にとって一番高く売れる販売先を見付けて売る事が可能なんですよね。

 

これはマジでメリットしかありあせん。

面倒なアカウントを作成して出品方法を覚えて色々な販路を持った人にしかコレは出来ませんw

 

なので適材適所で最も高く売れるネットショップで商品を売る事が出来れば利益率もその分、同時に上がるのでおとくですね^^

 

手間がかかる分、ほとんどの人がこう言った事はやりません。

 

人がやらない所にはそれだけチャンスもあるので頑張ってトライするのもアリですよ^^

 

リスク回避と利益率のUPを考えてこの辺も是非参考にしてみて下さい。

最後まで読んで頂き有難うございました。

ではまたぁ~

 

はち




◆◆お勧めツール◆◆
file2_64105 (1)※自動評価依頼メールで一気に評価を集めよう!

◆アマスタ

◆◆良かったら応援ポチして下さい◆◆
にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへにほんブログ村

友だち追加
◆◆気軽にお友達登録して下さい♪◆◆
友達登録記念に素敵なプレゼント♪
【資金ゼロからお金を作るマル秘転売術】
【利益率100%を超えるマル秘転売術】
以上2点のマル秘転売術を友達登録記念にプレゼント中です^^
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です