【中国輸入】商標登録されてる商品の調べ方。

search

 

中国輸入をやるにあたって絶対にやってはいけないのが商標登録されている商品への相乗り。

コレは下手すると最悪アカウント停止くらう可能性もあります。

そもそも商標登録って何??

って思う方もいるかもしれないので簡単に説明しますと、「誰が作った商品なのか?」「誰が提供しているサービスなのか?」ということを表すマークのことです。

 

例えば、「クラウン」はトヨタ自動車株式会社の商品名を示し、「宅急便」はヤマト運輸株式会社のサービス名を表すものとして知られています。また、会社名や店舗名を使って商品・サービスを取り扱う場合は、その会社名・店舗名が商標に該当します。

 

ディズニーキャラに関してはキャラの名前が既に登録されてるのでシビアに言うと名前を無断で使うのもアウトになるんですね。

 

いやぁ~

結構厄介です。。。

 

誰でも聞いたことがあるような有名なブランド名なら見ただけで判断出来ますが、聞いたことも無いような名前で登録されてる商品へ知らずに相乗りしてしまう可能性って普通にあり得ますからね 汗

 

でも事前にその商品が商標登録されてる商品か分かれば回避出来ますので怪しいと感じる物は一度調べてみるのが良いかと思います。

 

一番手っ取り早いのはその商品のブランド名をそのままコピってググるのが早いですね!

 

もしちゃんと商標登録されている商品だったらサイトの一番上にその商品が出て来るかと思います。

何だったらどこかの企業のホームページにて既に販売されてる商品がAmazonででも販売されてた!

なんて事もあるのでそんな商品へは相乗りしない方が絶対に良いです。

 

ちなみにもっと詳しく調べる方法もあります。

 

「特許情報プラットホーム」というサイトがあるんですが。。。

1

 

トップページの画面中央にある検索窓の横に

「特許・実用新案を探す」の項目をクリックすると3つ程カテゴリーが出て来ますのでその中にある

 

「商標を探す」を選択してそのまま検索窓に疑わしきブランド名と思われる名前を入れて検索掛けるだけです。

 

もしヒットしてらその商品はスルーしましょう!

正直いって怪しいと思うのは全部調べた方が良いです。

 

実は商標登録されて無いのに独占販売されている商品って結構ありますのでその辺の商品のラインナップを見付けて行くのが大事ですw

 

もちろん最悪のケースを考えてビジネスはやらないと行けないのでちゃんと相乗り出来るのかどうかリスク回避するためにもこの辺も調べれるなら調べた方が良いですよ^^

 

知らずに相乗りしたらかなり精神的にしんどい思いする可能性もあり得ますので^^;

 

もちろん新規で商品ページを作成する側もこれらの商品で新規ページを作成しないように注意して商品ページは作って下さいね。

 

良かったら参考にして下さい。

最後まで読んで頂き有難うございました。

ではまたぁ~

 

はち


 

こないだ買い物帰りに彼女とみたらし団子を2本買って帰って来たんですが一本に小ぶりのお団子が5個刺さってて、彼女が台所で買い物して来た物を冷蔵庫に入れてる間に僕が6個食べたら怒られました。

しかもガチで。。。

食べ物の恨みは怖いですw

 




◆◆お勧めツール◆◆
file2_64105 (1)※自動評価依頼メールで一気に評価を集めよう!

◆アマスタ

◆◆良かったら応援ポチして下さい◆◆
にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへにほんブログ村

友だち追加 ◆◆気軽にお友達登録して下さい♪◆◆ ※ブログには書かないちょっとしたプライベートや厳選した有益な情報を配信してます※
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です