【中国輸入】船便を上手に使って国際発送を安くしよう。

20096261007595

国際発送で船便のメリットは断然航空便と比べての安さ!
しかしデメリットが商品の到着までかなりの時間が掛かるという点….
Amazonで中国輸入をやるならこの船便は上手く使いこなしたい所ですね。

中国輸入を始めたばかりだと早く商品を売っていかないと現金回収が出来ません。
って始めたばかりでなくてもそこは同じかw

え~っとですね…
基本的に商品が手元に無いなら一刻も早く送ってもらってFBAに納品したい所です。
売れる商品なら尚更ですね。

在庫切れが一番の機会損失なのでここはしっかりとストックしておかなければなりません。

で、ある程度、売れる商品ページが出来て来たら少し早めに在庫補充分を発注掛けてそれを船便で送る事が出来れば送料も格段と安く上げれることが出来ますよ♪って話です^^

最初にも少し触れましたが船便は航空便と比べてほぼ半額近く安くなります。
例えば航空便で送料が10万掛かるとしたら船便だと5万程で送る事も可能です。

もちろん荷物の中身によって金額も変わりますが船便の方が大幅に送料が抑えれるのは間違いありません。

しかし商品到着まで約一カ月も掛かると言うデメリット^^;
僕は実際にこの船便は最初の頃は完全に無視してました。

しかしある時からこの船便を上手く使って送料を少しでも安くして行くようにシフトを変えて行きました。
実際に航空便と船便とで差額が5万もあったら相当仕入れが追加出来るのでここはマジで考えないといけませんね。

実際に僕が航空便から船便を利用して行った流れをここで説明しますので良かったら参考にしてみて下さい。

僕は中国輸入を始めた最初は航空便です。
やはり早く商品を見たいし売れるまでの感覚を体感する為にもここは航空便です。
いきなり船便だと商品到着まで時間が掛かりすげて心折れる可能性もありますしねw

この時に大事なのが荷物の中身!
以前にもお話ししましたが送料が安くなるには一箱に沢山入る商品が望ましいので
・軽くて
・小さくて
・壊れにくい
これらの商品を最初はたくさんテスト販売用で仕入れてました。

 

そこから売れる商品ページが出来て来たら送る荷物も同じ物をまとめて送るように出来るので航空便も使いやすくなります。
でもこの時点ではまだ商品は軽い物や小さい物がメインだったのでそれらに混ぜて少し重め(1㎏)若干超える商品なんかも織り交ぜて発送するようにして行きました。

重たい商品ばかりだと送料は高くなりますが軽い商品ばかりの中に少しだけ重たい商品を混ぜて送る事でそこは多少カバー出来ます。

そうやって少しづつではありますが1㎏を超える商品も仕入れの対象としてテスト販売しては商品ページを作って行く感じでやってたらそれらの商品でも売れるページが出来て来ます。

僕の場合、そこから徐々に船便を使って行くようにして行って上手く在庫も切らさずに安く国際送料も抑えて行けた流れですね。

重たい商品を取り扱うと絶対にこの送料は高くなります。
大量に仕入れるなら尚更です。

でも最初に軽くて小さくい商品で航空便を使いながら徐々に重たい商品を少し混ぜて行って上手く在庫数を見ながらシフトしてけると良いかと思います。

重ための商品でしっかりと売れると分かった商品はガッツリと一カ月分を船便で送って届くまでに、今まで通り軽めの商品で送ってた航空便に混ぜ込んでまとめて送った商品が届くまで繋がればそれが一番最高ですね。

これが出来たらまさに理想のシフト転換♪

新たなテスト販売用で仕入れる商品は今まで通り上手く航空便を織り交ぜて使いながらやって行けるとなんの問題も無く仕入れる事が出来ます。

何でもそうですが最初は何かと馬力が掛かります。

中国輸入だって同じです。
諦めずに徐々にコツコツやり続けた人が生き残ります。

船便も定期的に使えるようになれば毎月同じサイクルで商品が送れるようになりますのでかなりお得ですよ^^

是非上手く船便も活用して上手にやりくりしてください^^

最後まで読んで頂き有難うございました。
ではまたぁ~

はち


え~び~し~でぃ~い~えふ、じぃ~
えいち、あい、じぇ~け~えん…え~…え~ん

ここら辺、ややこしーよー!




◆◆お勧めツール◆◆
file2_64105 (1)※自動評価依頼メールで一気に評価を集めよう!

◆アマスタ

◆◆良かったら応援ポチして下さい◆◆
にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへにほんブログ村

友だち追加
◆◆気軽にお友達登録して下さい♪◆◆
友達登録記念に素敵なプレゼント♪
【資金ゼロからお金を作るマル秘転売術】
【利益率100%を超えるマル秘転売術】
以上2点のマル秘転売術を友達登録記念にプレゼント中です^^
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です